橋信局!! ~橋下・維新・第三極まとまれブログ

橋下氏と維新の会を中心に、第三極に属する人 または、属してほしい人の話題をまとめるブログです。

     

橋下さん


ぷいぷい


橋下徹大阪市長が2015年6月12日、およそ1か月ぶりにツイッターを更新し、民放番組の報道を批判した。

橋下市長は住民投票日の翌日5月18日に支持者へ向けた感謝のツイートをして以降、更新を止めていた。

しかし、6月12日に突如「静かにしていたら、またテレビが好き勝手なこと言ってるな」とツイートを再開、情報番組「ちちんぷいぷい」(MBS)の報道に不満をもらした。

やり玉に挙げたのは「最近役所に出てくる日が少なくてやる気がない」という番組側の指摘だ。これに、組織トップの仕事はデスクワークでなく判断と指示だとし、この時期(6月から8月)は例年トップが動かなければならないような案件が少ない時期だと反論した。

そして、12月の市長任期満了で政界引退を表明したことを踏まえ、任期をまたぐような大型の新規改革は指示せずこれまでの改革案件を進める方針を表明した。

最後に、「組織が判断を求め指示を仰いできたときに、それに対応する。それがない場合には、役所には行かない。メールでやれることはメールでやっている」と強調した。

http://www.j-cast.com/2015/06/13237718.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434205369/

【「ちちんぷいぷい」の”橋下市長はもうやる気ない”報道に橋下氏が反論 一か月ぶりのツイートで】の続きを読む


IP150602TAN000206000_02


「大阪都構想」の住民投票後、初となる大阪市と府の両議会が10、11日に閉会した。両議会では自民が都構想の対案として議員提出した「大阪戦略調整会議」(大阪会議)の設置条例案が、大阪維新の会を含む賛成多数で成立した。しかし、維新代表の橋下徹市長は「制度として不完全極まりない」と批判。住民投票後、「ノーサイド」を強調してきた両者だが、大阪再生に向けたスクラムを組めるかは依然不透明なままだ。

大阪会議に維新が賛成した理由を、維新幹事長の松井一郎知事は「都構想が否決され、それに代わる話し合いの場所なので賛成した。話し合いの場を否定するつもりはありませんから」と説明する。

こうして大阪会議は両議会で可決されたものの、実務作業を担う事務局組織をどこに置くかは決まっていない。大阪会議の事務局に充てようと、橋下市長が今定例会に提出していた府市の共同組織「府市連携局」の設置議案が自民などの反対多数で否決され、この結果を受け、府議会でも同様の議案を松井知事が取り下げたためだ。

自民府議団の花谷充愉幹事長は、維新が大阪会議に賛成したことを踏まえて次のように言う。「賛成した会派や知事、市長は、この会議が実りあるものになるよう努力すべきだ。大阪会議が駄目だと言うなら、市長は対案を示すべき

http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/150613/20150613047.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434198723/ 【大阪自民・花谷氏「橋下市長は”大阪会議”の対案を出すべき」wwwwwww】の続きを読む


blog_import_54674b87c637f

新梅田食道街の方にある松葉総本店 ↑
大阪・梅田の駅前地下道の拡幅工事に伴い、大阪市が地下道で営業を続ける老舗串カツ店「松葉」など5店舗に道路法に基づき退去を命じる除却命令書を交付したことをめぐり、大阪地裁(西田隆裕裁判長)は12日、「行政目的の達成を犠牲にしてまで救済しなければならない損害ではない」として、松葉の執行停止申し立てを却下する決定を出した松葉側は即時抗告する方針。

西田裁判長は決定理由で、除却命令や行政代執行法に基づく強制撤去により現在の店舗で営業できなくなっても、別の場所で営業すれば収益を上げることは可能と指摘。立ち退きに伴う損害も「事後的な金銭賠償で回復できる」とした。

http://www.sankei.com/west/news/150612/wst1506120093-n1.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434101994/

802:名無しさん@1周年:2015/06/13(土) 00:02:02.66 ID:gpWrKAW3O.net

松葉の訴訟を裁判所が却下したなw
どうなるんだこれ?


877 :名無しさん@1周年:2015/06/13(土) 00:34:21.49 ID:r+x/OylC0.net[1/3]

>>802

即時抗告したよ
この抗告で行政代執行はできない状態になった

で、この抗告は裁判で棄却されるだろうから
その棄却を受けて代執行
【串カツ「松葉」の申し立てを地裁が却下 地裁「立ち退きにより店が受けた損害は、事後的な金銭補償で回復できる」】の続きを読む


松葉


大阪・梅田の地下道拡幅工事に伴い、大阪市が地下道で営業する店舗に立ち退きを求めている問題で、市は8日、営業を続けている老舗串カツ店「松葉」など5店舗に対し、道路法に基づき店舗の撤去を求める除却命令書を交付した。

期限の10日までに、店舗側が命令に従わない場合、市は行政代執行法に基づく「戒告」を行った上で、強制撤去に踏み切る方針。

市は昨年9月に地下道の占用許可を打ち切ったが、松葉は「一方的に退去を決められた」などと反発。松葉は今年4月、市に地下道の占用許可の更新を求めて大阪地裁に提訴している。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150608-OYT1T50093.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1433757153/

27 :名無しさん@1周年:2015/06/08(月) 19:07:05.50 ID:6j13TM2I0.net

あそこのあの雰囲気はいいと思うけどなぁ。

残念だ。

【立ち退きを拒否している梅田地下街の串カツ店「松葉」、ついに強制撤去か】の続きを読む

wst1506020052-p1
PTSDで長期欠席となっている男児がノートにつづった一文

「僕を助けて」「学校に行きたい」。大阪市立小5年の男児(10)がいじめ被害を受けて心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症し、長期欠席を余儀なくされている問題で、男児が平成25年以降、教師にあてた手紙や日記で繰り返しSOSを発していたことが2日、分かった。日記は学校にも届けられていた。男児をめぐっては、家族が昨年7月、いじめの再発防止を求めて市教委に第三者委員会の設置を要請したが、1年近くも設置されず、解決策も見えない。

クラスメートだった児童数人によるいじめが始まったとされるのは、男児が小2だった24年。遊具から突き落とされたり、ランドセルに落書きされたりしたという。泣きながら自宅に帰ってくることが増え、母親(35)が体を確認すると両脇や下半身にあざができていたこともあった。

やがて不眠や情緒不安定などの症状が出るようになり、25年2月、大阪市内の病院で「いじめが原因のPTSD」と診断された。それ以来、男児は学校に行けなくなり、勉強は自宅で母親が教科書を使って教えている。ただ症状は改善せず、リストカットや、自分のつめをはぐといった自傷行為をすることもあるという。

母親は「このまま不登校が続けば、義務教育すら受けられず、この子の一生は台無しになってしまう」と焦燥感を募らせている。男児や家族と相談し、26年7月、いじめの実態調査や再発防止策の提言を求めて、「いじめ防止対策推進法」に基づく第三者委員会の設置を橋下徹市長や市教委に求めた。

しかし、市教委は、学校側が、男児に加害行為をしたとされる児童を別のクラスにした上で、教室も別のフロアにするといった、いじめ防止策を取ってきたなどとして、第三者委の設置に踏み込んでいなかった。

http://www.sankei.com/west/news/150602/wst1506020052-n1.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1433243142/ 【イジメ被害でPTSDの小5児童、橋下市長に被害直訴も事態動かず 第三者委員会設置のはずが・・・】の続きを読む

このページのトップヘ