橋信局!! ~橋下・維新・第三極まとまれブログ

橋下氏と維新の会を中心に、第三極に属する人 または、属してほしい人の話題をまとめるブログです。

     

政界再編


第三極結集へ


維新の党日本を元気にする会次世代の党と無所属の中堅・若手の参院議員が安全保障問題をテーマにした勉強会を発足させることが26日、分かった。来年夏の参院選や将来の野党再編をにらみ、乱立する中小政党が「第三極」として結集する環境を整えるのが狙い。7月上旬に初会合を開く。
 
元気の山田太郎政調会長、次世代の和田政宗政調会長ら、昨年解党した旧みんなの党のメンバーが中心。保守から中道の議員に賛同を呼び掛けており、維新からは清水貴之氏らも参加。初会合には10人程度が出席する見通しだ。当面、有識者らを講師に招き、月1、2回のペースで会合を開く。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150627-00000004-jij-pol
引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/giin/1435027884/

940 :無党派さん:2015/06/27(土) 13:39:48.65 ID:dS1jy067.net[18/21]

動き出したかw

966 :
無党派さん:2015/06/27(土) 15:16:15.35 ID:3QNPVIvu.net[4/5]

維新の安保対案次第で政界再編か。
【「第三極」結集へ前進!? 維新・次世代・元気の3党が、安保問題で定期勉強会を発足!】の続きを読む


maxresdefault


安倍政権に対抗するため共闘するはずだった民主、維新両党間に足並みの乱れが目立ってきた民主党が廃案を目指す労働者派遣法改正案について、維新が採決に応じる方向で与党と水面下で調整していることが発覚。一方、民主党は次期衆院選で、維新の現職がいる選挙区に独自候補を擁立した。「共闘」とは名ばかりの足の引っ張り合いに、相互不信は強まる一方だ。

維新は5月下旬、雇用形態にかかわらず職務内容に応じた待遇を確保する同一労働同一賃金推進法案を民主党などと共同で国会に提出した。しかし、派遣法改正案の今国会成立を確実にしたい与党が維新に接近し、維新の主張を反映させた法案を共同で出し直すことで合意。維新は派遣法改正案の採決を容認する姿勢に転じた。

政権との連携に前向きな維新の大阪系議員が、野党再編に積極的な執行部をけん制する狙いから主導した動きで、民主党にとっては「裏切り行為」(幹部)と映る展開だ。

10日の派遣法改正案審議を決めた9日の衆院厚生労働委員会理事懇談会では、民主党が日本年金機構の個人情報流出問題の解明が先決として審議続行に反対したものの、維新は賛成。慌てた民主党幹部が、欠席で歩調を合わせるよう維新幹部にねじ込む一幕もあった。
 
もっとも、先に「裏切り」が表面化したのは民主党の方だ。次期衆院選に向け、民主党は今月1日、第1次公認候補として維新の現職がいる4選挙区を含む53選挙区で擁立を決定。枝野氏は3日、柿沢氏に「大変不快な思いをさせた」と謝罪したものの、国政選挙でまともに争う姿勢を示せば信頼関係などできるはずもなく、両党関係のしこりとなるのは避けられそうにない。

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015060900896
引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/giin/1433296841/ 【”年内結集”目標一転、民主と維新に相互不信?? 維新支持者「民主より、元みんなの党の議員と合流すべき」】の続きを読む


og_img


維新の党顧問、松井府知事「数合わせでは第二民主になるだけ」

維新の党顧問の松井一郎大阪府知事は25日、年内に100人以上の規模での野党再編を目指すとした松野頼久代表の発言について「何でもかんでもの数合わせでは国民から信頼されない。第2の民主党みたいな形になるだけ。松野代表もよく分かっているはずだ」と述べた。府庁で記者団の質問に答えた。

 
野党再編に関して松井氏は、政権交代可能な二大政党が必要との認識を示した上で「基本政策が一致し、官公労のバックアップなしにやれるメンバーが集まれるならいい」と注文を付けた。


http://www.sankei.com/west/news/150525/wst1505250041-n1.html
─────────────────────

江田前代表「自民との連立も、民主との合流もない」

江田氏「19日には、松野さんが新代表に就任し、民主党と連携するのでは、という報道がありましたが、今の民主党と連携してプラスになるでしょうか? 松野さんもよくわかっています。橋下さん、松井さんにしても自民党と連立する気はありませんよ。橋下氏が改憲で前向きな話をしたので、それだけを取ってメディアが勝手に騒いでいるだけです」

「今年の1月30日に、橋下さんと2人で数時間、食事をしたときも今後の方針を話し合ったのですが、結党して間もない段階では、政策で維新カラーを打ち出し、国会論戦を通じて国民の理解を得て、党の基盤を固めていくことが大事である。当面は、自民だ民主だと言わず、独自路線でいこうと。完全に一致しているんです。」

「今国会で論戦されている安全保障法制、労働者派遣法等でも、維新の対案を安倍政権にぶつけていくことで、存在感を出して党勢拡大を目指す。その先には、もちろん、改革勢力を結集し、自民党に代わりうる政権交代可能な一大勢力をつくるという使命はありますけどね


※ こちらの江田さんのインタビューは、おそらく松野さんの「年内100人結集」発言の前に行われたものだと思います。
http://dot.asahi.com/wa/2015052700002.html?page=2

引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1432534496/ http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/giin/1432536060/ 【維新の党・松野代表の「年内100人結集」に松井氏や江田氏が苦言? 維新の党の今後はどの方向に】の続きを読む


松野さんと民主党執行部


維新の党の松野代表は熊本市で記者会見し、野党再編について、「できれば年内に幅広い結集ができればよいと思っている」と述べ、年内にも衆議院で100人以上の幅広い勢力を結集することを目指したいという考えを示しました。

この中で維新の党の松野代表は、野党再編について、「できれば年内にと思っている。いろいろな再編の形はあるが、民主党だけでなく、そのほかの政党を含めた幅広い結集ができればよいと思っている。国民から『野党が必要だ』と言ってもらえるような状況にしていくのが、われわれの仕事だ」と述べました。

そのうえで松野氏は、「過去の選挙結果をみると、衆議院で100人以上いれば1回の選挙で政権交代が可能になる。野党再編で政権交代を目指すという党の基本方針を巡って党内に温度差はないと思う」と述べ、年内にも衆議院で100人以上の幅広い勢力を結集することを目指したいという考えを示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150524/k10010090211000.html

────────────────────────

松野頼久・維新の党代表

 
(昨年12月の総選挙の結果について)比例票だけみると我々維新の党に850万票、民主党に950万票で、1800万票を超している。自民党の比例票は実は1700万票台なので、維新の党と民主党に投票した人の数の方が実は多い。

 
(自民が)あれだけ圧勝した選挙にもかかわらず、投票行動を見るとそういう結果。野党がまとまれば十分、次の選挙で政権交代の可能性は出てくると思う。

http://www.asahi.com/articles/ASH5R44TNH5RUTFK003.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/giin/1432119589/#giin/1432119589/581 【維新・松野代表「年内に衆議院で100人以上の勢力結集を目指したい」】の続きを読む


og_img


「大阪都構想」の住民投票が反対多数となったことを受け、維新の党の江田憲司代表は18日未明、大阪市内で記者団に対し、代表を辞任する意向を明らかにした。近く代表選を行う。

江田氏は辞任の理由として「都構想は維新の原点中の原点だと繰り返し申し上げてきた。
(同党の最高顧問の)橋下(徹)さんという稀有(けう)な政治家を引退に追い込んだ。
サポートが全く不十分だった。責任を痛感している」と述べた。

また、松野頼久幹事長も辞任の意向を固めた。
正式には19日に開かれる執行役員会で決める。

http://www.asahi.com/articles/ASH5L02J3H5KUTFK009.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1431878258/

31 :名無しさん@1周年:2015/05/18(月) 01:03:17.09 ID:6T3uCxl40.net

これで何もかも終わりかよ
49%取ったんだからもう少しじゃないか


800 :名無しさん@1周年:2015/05/18(月) 04:01:12.06 ID:ZS6xHnCq0.net

1%の差しかなかったのに、もはや解党の危機とは、極端すぎるw
【橋下氏の引退、江田氏ら幹部の総退陣で、今後どうなる維新の党】の続きを読む

このページのトップヘ