橋信局!! ~橋下・維新・第三極まとまれブログ

橋下氏と維新の会を中心に、第三極に属する人 または、属してほしい人の話題をまとめるブログです。

     

朝日新聞

2014020201001990-450[1]

日本維新の会代表の橋下徹氏(大阪市長)は12日、朝日新聞が東京電力福島第1原発所長として事故対応に当たった吉田昌郎氏=昨年7月死去=の「聴取結果書(吉田調書)」をめぐる記事と慰安婦報道に関する誤報を謝罪したことをめぐり市役所で記者団に発言した。内容は次の通り。

<中略>

そういう観点からすれば毎日新聞が一番卑怯(ひきょう)だと思いますけどね。急に論調変えて。朝日の件はもう言論機関に委ねて、僕らがとやかく言う問題ではないですけども、毎日新聞のあの手のひら返したようなやり方っていうのは、朝日新聞以上に卑怯なのではないかと思いますけどね。


僕がずっと言い続けたロジックと、何ら変わらないことを今さら毎日新聞は言い始めてね。道義上の責任はあると。でも国際社会から不当な侮辱を受ける場合には、事実と違うと言わないといけない、と僕は言い続けていたのに、毎日新聞は徹底してヒステリックにあの手この手で批判してきた。


<中略>

だから朝日新聞はこうなってしまった。もう毎日が次、危険だと思いますよ。こんな形でころころ変えているんだったら、前の僕の(慰安婦)発言に対するあのヒステリックな批判の時と今の状態と、ある程度整合性を合わせるような形でやらないと、世間の風に乗って、毎日新聞がころっと寝返ったような形は必ず、しっぺ返しをくらうと思いますけどね。

全文はこちらで 他の主張も橋下さんらしくて良いですよ(^-^)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140912/waf14091215130027-n2.htm


  8 : パイルドライバー(関西・北陸)@\(^o^)/:2014/09/12(金) 13:42:30.74 ID:bdZ+TbNeO.net

人の弱みを即座に見つけるな
さすが弁護士や


46 : スリーパーホールド(やわらか銀行)@\(^o^)/:2014/09/12(金) 14:22:17.52 ID:ygTVYmQx0.net

こういう時のハシモトは輝いてるな
【橋下氏「急に手のひらを返した毎日は、朝日より卑怯」 朝日誤報問題で毎日にも矛先】の続きを読む

20120806121555_78a1d357[1]

朝日新聞が福島第一原発事故をめぐる政府による吉田所長(当時)への聞き取り調査の結果をまとめた、いわゆる「吉田調書」の自社報道について、訂正する方針を固めた。

これは朝日新聞が今年5月20日付けの朝刊で「吉田調書を入手した」とスクープ記事として掲載していたもので、そこでは「福島第一原発から職員の9割が所長命令に反して撤退した」などと報じていた。

これをソースとして、海外メディアからは「韓国のセウォル号に匹敵する責任放棄だ」と報じられるなど影響は国外にも波及していた。

続きはこちらで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140911-00010000-noborder-soci
  http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1410392710/
  4 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/09/11(木) 08:46:18.09 ID:1C8sxcId0.net

朝日新聞廃刊まで待ったなし。

10 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/09/11(木) 08:47:02.13 ID:6n/lAuk70.net

マジならすげえな
【朝日新聞、明日にも「吉田調書」報道も訂正で社長辞任へ 今夜の報ステで慰安婦問題も】の続きを読む

nanameyomi

過ちがあったなら、訂正するのは当然。でも、遅きに失したのではないか。過ちがあれば、率直に認めること。でも、潔くないのではないか。過ちを訂正するなら、謝罪もするべきではないか。


朝日新聞は、8月5日付と6日付朝刊で、「慰安婦問題を考える」と題し、自社の過去の慰安婦報道を検証しました。これを読んだ私の感想が、冒頭のものです。


6日付紙面で、現代史家の秦郁彦氏は、朝日の検証について、「遅ればせながら過去の報道ぶりについて自己検証したことをまず、評価したい」と書いています。これは、その通りですね。


しかし、今頃やっと、という思いが拭い切れません。今回の検証で「虚偽」と判断した人物の証言を掲載してから32年も経つからです。

<中略>

今回の検証は、自社の報道の過ちを認め、読者に報告しているのに、謝罪の言葉がありません。せっかく勇気を奮って訂正したのでしょうに、お詫(わ)びがなければ、試みは台無しです。


朝日の記事が間違っていたからといって、「慰安婦」と呼ばれた女性たちがいたことは事実です。これを今後も報道することは大事なことです。


でも、新聞記者は、事実の前で謙虚になるべきです。過ちは潔く認め、謝罪する。これは国と国との関係であっても、新聞記者のモラルとしても、同じことではないでしょうか。

全文はこちらで
http://www.asahi.com/articles/ASG935H4GG93UPQJ008.html

  http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1409775462/
  25 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/09/04(木) 05:45:01.75 ID:BC2r/MMv0.net

これだけでボツにしたのか
池上側もだいぶ朝日に配慮してる文章に見えるわ
もっと辛辣に批判してるかと思ったが拍子抜けだな
これでも載せなかった朝日は終わってるけど

21 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/09/04(木) 05:39:49.17 ID:ZputcSb10.net

当たり前の事が書いてあるだけ
しかもかなり柔らかい言い方で
こんな当たり前の事すら載せようとしなかったんだから狂っていると思われても仕方が無い
【【朝日新聞】騒動呼んだ池上氏のコラム 一体その内容とは?】の続きを読む

enn1007121634023-p1

朝日新聞がジャーナリストの池上彰さんの連載コラム「新聞ななめ読み」の掲載を断り、池上さんが連載打ち切りを申し入れた問題で、朝日新聞が一転して4日朝刊にコラムを掲載することが分かった。

池上さんは取材に対し「朝日側から、『おことわり』と私のコメントを付けて掲載すると連絡があり、今回は受け入れた」と話した。次回以降の執筆については「全くの白紙」としている。
http://mainichi.jp/select/news/20140904k0000m040074000c.html
  http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1409742910/
  4 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/09/03(水) 20:16:13.53 ID:zP7umLsB0.net

なんだかまた急な展開が出てきたぞw

48 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/09/03(水) 20:20:30.05 ID:TtFwnUYk0.net

朝日の中でも揉めてるんだろうなぁきっと
若手と幹部みたいな構図かしら
【朝日新聞「やっぱり池上さんのコラム載せます!」wwwwwww】の続きを読む

_SX354_CR72,21,280,280_[1]

ジャーナリスト・池上彰氏が朝日新聞に対し、連載「新聞ななめ読み」の中止を申し入れたことが明らかになった。

朝日関係者が明かす。

「月に一度の連載『新聞ななめ読み』は、池上氏が一つのニュースについて各紙を読み比べ、その内容を自由に論評するもの。8月末の予定稿では、慰安婦報道検証を取り上げており、『朝日は謝罪すべきだ』という記述があった朝日幹部が『これでは掲載できない』と通告したところ、池上氏から『では連載を打ち切ってください』と申し出があり、その予定稿はボツになったのです。

これまでも同連載は、『朝日の記事は分かりにくい』、『天声人語は時事ネタへの反応が鈍い』などの批評を掲載しており、今回の反応は異常ですね」

池上氏本人に確認したところ、事実関係を認めた。
「連載を打ち切らせて下さいと申し出たのは事実です。掲載を拒否されたので、これまで何を書いてもいいと言われていた信頼関係が崩れたと感じました」

8月5、6日に朝日新聞が掲載した慰安婦報道検証記事について、謝罪が一言もないことがこれまで問題視されてきた。そんな渦中に、池上氏「謝罪すべきだ」という論評を封殺していたことが明らかになり、今後、朝日新聞の言論機関としての見識が問われそうだ。
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4316

  http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1409658971/
  2 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/09/02(火) 20:57:03.91 ID:A83eQ31r0.net

言論弾圧かよ。朝日はスゴイな。

11 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/09/02(火) 20:57:29.27 ID:CxFuZTO90.net

池上さん見直したわw
テレ東の特番かなんかで思いっきりぶちまけて!
【池上彰氏、朝日新聞への連載中止! 「慰安婦報道で朝日は謝罪すべき」と書いたら掲載拒否されwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ