橋信局!! ~橋下・維新・第三極まとまれブログ

橋下氏と維新の会を中心に、第三極に属する人 または、属してほしい人の話題をまとめるブログです。

     

海外


Hirohito_in_dress_uniform


欧米では昭和天皇、アジアは安倍晋三首相。海外で最も名前が知られている日本人について、公益財団法人「新聞通信調査会」(長谷川和明理事長)が6カ国で行った世論調査で、こんな違いが明らかになった。
 
調査は1月、米国、英国、フランス、中国、韓国、タイで実施。それぞれ約1000人に知っている日本人を1人だけ挙げてもらったところ、米英仏は15~22%、アジア3カ国は45~56%の人から回答を得た。
 
その結果、米英仏では昭和天皇が最も多く、2位は米が野球のイチロー選手、英がオノ・ヨーコさん、仏がアニメ映画監督の宮崎駿さんだった。
 
安倍首相は英仏で3位だったが、米で名前を挙げた回答者はゼロ。保田龍夫編集長は「米国人の間で安倍首相は知られていない」と指摘した。
 
一方、アジア3カ国ではいずれも安倍首相がトップ。2位は中国が山口百恵さん、韓国は伊藤博文元首相、タイが女優の蒼井そらさんだった
 
米英仏で1位の昭和天皇は、中韓で10位以内に入らず、長谷川理事長は「歴史認識の問題がある中、意外だった」と話した。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015032800244


香港出身の俳優ジャッキー・チェン氏と答えるなどの誤解も多く、各国千人の回答のうち英国では157人、米国は164人しか日本人の名前を挙げられなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150329-00000025-asahi-soci

引用元:http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1427621652/

24 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です:2015/03/29(日) 18:40:10.23 ID:IfMI66ae0.net

ドイツ人といえばヒトラーみたいなもんか

31 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です:2015/03/29(日) 18:40:56.16 ID:DMUofM/z0.net[1/2]

>>24

ほんとこれ
【「知っている日本人」 英米仏で”昭和天皇” 中韓タイで「安倍晋三」wwwwwwww】の続きを読む


strimg06


現在テレビ界では、『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)『所さんのニッポンの出番』(TBS系)といったバラエティものから、『COOL JAPAN』(NHK)のような教養番組まで、日本大好きな外国人を紹介する番組が大流行だ。

しかし日本のテレビ局は、海外の取材現場でも他国のテレビクルーから奇異の目で見られている。スペイン在住のジャーナリスト・宮下洋一氏がいう。

「例えば海外でのサッカー取材の時、日本メディアの記者たちは試合後のコメント取りが終わった後、必ずみんなで集まって、聞き取った内容が他社と異なっていないか互いに『答え合わせ』をしている。スタジアムを閉める直前までみんなで1か所に固まっている姿は、外国人ジャーナリストから見ると本当に異様です。ヨーロッパではなるべく独自のコメントを取ろうとするのが当たり前だし、共同コメントの時でも自分たちが感じたストーリーで報じるなら、違ったものになる。

私は以前、あるサッカー選手にひとり別の場所でコメントを取ったら、『答え合わせ』をしている日本のメディアの集団全員に睨みつけられた。海外の感覚からすれば、横一線のニッポンの報道はジャーナリズムとはいえません」 

どのチャンネルを見てもニュース番組のスポーツコーナーが全く同じネタとコメントばかりなのはその結果なのだ。「アメリカでは、他人と同じことをやっていれば、すぐクビになります。スタンスが日本とは基本的に違います」(『ニューヨーク・タイムズ』東京支局長のマーティン・ファクラー氏)

国際会議でも日本の記者は馬鹿にされる。

「サミットやAPECなどの取材に行くと、日本のテレビ局の記者が若手ばかりなのに驚きます。そのためどの国の首脳にも突っ込んだ話を聞けない。海外メディアは必ず超のつくベテランが各国の首相や大統領に質問し、相手の言うがままの言葉を垂れ流すことはしません」(来日34年のカナダ出身のジャーナリスト、ベンジャミン・フルフォード氏)

相手の言うことを垂れ流すどころか、現場に行きさえしないのが、日本のテレビ局の常識のようだ。フルフォード氏が続ける。

「独自取材をせず、海外ニュースは現地の新聞を訳すだけ。紛争地帯など危険な場所にも行かない。ジャーナリストとしてのプライドがあるのかといいたくなる」

たしかに、「エボラ出血熱」や「イスラム国」のニュースの映像は、自局の記者が現地に行っていないため、現地報道をそのまま流すだけ。これでは“独自の視点”など期待するほうが無理だろう。

http://www.news-postseven.com/archives/20141129_288551.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1417275144/ 【日本のマスコミが海外から酷評! 「ジャーナリストとしてのプライドがあるのか」wwwwwww】の続きを読む

600

慰安婦問題で、日本にとって強力な援軍となりそうな人物が現れた。

マイケル・ヨン氏(49)である。同氏は米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)出身で、2004年からイラクで米軍部隊への「埋め込み(エムベッデッド)」従軍記者活動を開始。フリーのジャーナリストとして、ブログを通じて発信する迫真の報道が全米で評価を得ている。

写真報道も手がけるヨン氏は05年5月、米軍将校が自動車爆弾で重傷を負ったイラク人の少女を抱きかかえる写真を撮影。これはイラク戦争の悲劇を衝撃的に描いた作品として大きな話題となった。
08年には「イラクの真実の時」と題する本を刊行し、全米でベストセラーを記録。

<中略>

こうした異色の経歴を持つヨン氏が、日本の慰安婦問題に本格的に取り組み始めたのだ。

米国やタイなどでの取材をすでに終え、10月に来日。多数の関係者に会い、資料にもあたっている。当初は「軍隊と性」という観点から慰安婦問題に関心を持ったそうだが、理解を深め、「日本軍が組織的に20万人もの女性を強制連行したとする米欧大手メディアなどの断定は、虚構としか思えない」という見解を自身のブログで表明している。

米側で詳しく調査をしたというヨン氏は「米陸軍当局が戦時中の1944年にビルマで尋問した朝鮮人慰安婦たちも、自分たちは単なる売春婦(プロスティテュート)であって強制連行などされてはいないと証言した」と強調する。

「現在の日本はアメリカの貴重な同盟国であり、平和主義や民主主義に徹した国だ。その日本を慰安婦問題で米側が叩くのは友邦を弱め、敵性勢力を強めることになる」とも語るヨン氏。彼の発信力が、米国を中心にどこまで広がるか注目だ。

全文はこちらで
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4523
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1415247689/

16 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/11/06(木) 13:28:14.38 ID:FIfGFw+L0.net

これは良いヨン様

2 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/11/06(木) 13:22:39.91 ID:5IxszsZ80.net

ヨン様素敵!
【慰安婦問題で日本の味方をするアメリカ人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏が2ちゃんねるで人気にwwwwww】の続きを読む


73f1c3b1-s




前回、海外の掲示板である「4chanに慰安婦制度の実態を書き込んだところ、散々な反応だったのをお伝えしましたが、今回は書き込み地の国旗が表示される板で、「日本は慰安婦に賠償すべき?」と聞いてみました。

その結果が、前回と比べて驚くほど変わっているのでさっそくお届けしたいと思います。


前回の記事
    ↓
慰安婦問題の真実を、海外の掲示板で説明した結果www【独自】 【【独自】慰安婦に賠償すべきか海外の掲示板で聞いたら、超意外な反応が・・・!!!】の続きを読む

ヘッダ
1 :橋信局!!管理人:2014/04/19(日) 12:05:53.09 ID:hasshinkyoku

  一か月ほど前に、アメリカの掲示板「4chan」に、
  管理人のつたない英語力で三日三晩頑張って,
  「どうか、第二次大戦時における、日本の慰安婦制度について
  もっとよく理解していただけないでしょうか?

  というスレをたててみました。

  内容としては、
  「韓国が主張する”20万人強制性奴隷化”
  には、一切の証拠がない」  
  ということや、
  
  「河野談話では、一部の官憲の個別の犯罪は認めたが、
  決して国家主導の強制連行を認めたものではない」 
  こと、
  
  「慰安婦問題は日韓基本条約で解決済みであり、
  むしろ韓国政府が賠償金を支払うべきである」 
  という見解や

  「しかしながら日本は、アジア女性基金を立ち上げて
  村山首相の謝罪文とともに償い金を送った」
   という歴史、

  「韓国の無根拠な主張が広まることによって、
  すでに米国在住の日本人が差別を受け始めている」

  ことなどを書き込んでみました。
  そこそこレスをいただいたので、今日はその反応を
  お伝えしたいと思います。
【慰安婦問題の真実を、海外の掲示板で説明した結果www【独自】】の続きを読む

このページのトップヘ