橋信局!! ~橋下・維新・第三極まとまれブログ

橋下氏と維新の会を中心に、第三極に属する人 または、属してほしい人の話題をまとめるブログです。

     

直接請求

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


プレ住民投票


大阪維新の会支持者らで構成する市民団体「住民が決める大阪の未来委員会」は15日、大阪市内で20日に発足集会を開くと発表した。「大阪都構想」の実現に必要な住民投票の必要性を問う「プレ住民投票」実施の条例制定を求め署名集めを21日から本格的に始める。

プレ住民投票の実施は維新の橋下徹代表(大阪市長)らが模索。同委員会は12月上旬にも署名活動を始める予定だったが、衆院解散でずれこんだ。

条例制定の請求には有権者の50分の1(大阪市は約4万3千人)の有効署名が必要で、署名活動は16日に届け出に基づいて告示される。本来の期限は来年2月16日までだが、来春実施の統一地方選前2カ月間は活動が制限されるため、2月10日までが期限となる。
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1418704361/

53 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/12/17(水) 06:22:07.43 ID:8ytfihDI0.net

いよいよ始まったか~
5万人くらい署名すれば一応OKらしいけど
できれば倍の人数くらい欲しいよな


2 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/12/16(火) 13:33:23.55 ID:tE/3GWlv0.net

やっとここまで来たか
【大阪都構想の署名運動、いよいよ12月21日から始動!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

tokousou


大阪都構想を巡り、大阪維新の会は8日の全体会議で、大阪市民の直接請求による住民投票条例の制定を目指すと正式に決めた。 経済人らの支援団体が主導する形で、12月11日に署名集めをスタートさせる。

大阪府議・市議らが出席して開かれた会議で、橋下徹代表(大阪市長)は「都構想の賛成、反対は市民の住民投票で決めてもらう。署名運動に積極的に協力したい」と説明した。

都構想実現には、区割りなどの制度案(協定書)を大阪市民対象の住民投票に諮り、過半数の賛成を得る必要がある。だが、協定書はその前段で大阪府議会、大阪市議会で否決され、住民投票に進めなくなった。

今回、維新が目指すのは構想の是非に関する住民投票を実施すべきかどうかを問う「プレ住民投票」。大阪市の場合、2か月間で約4万3000人(有権者の50分の1)の署名が集まれば、橋下氏が市長として、市議会に住民投票条例案を提案することになる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141109-00050016-yom-pol


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1415596719/ 【大阪都構想実現に市民の声を! 住民投票を求める署名、12月11日から開始へ!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

20130313162729683[1]


大阪市の橋下市長は、記者団に対し、「非常に残念だ。協定書は再度議会に出す。都構想を訴え続けて、一定の支持もある中で、自民党などの議員が葬り去ることがいいのかどうか。市民には、最終的には住民投票で決めるべきだという声をあげてもらい直接請求してもらいたい。市議会の最終判断で都構想を終わらせていいのか」と述べました。


また、橋下市長は、「専決処分」に踏み切るかどうかについて、「自分の使える武器を放棄する必要はないし、いま、ここで使うと言う必要もない。法律に従って判断すればいい」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20141027/5677981.html

  http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1414399432/
  40 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/10/27(月) 17:53:11.97 ID:YzQoURDH0.net

こんなことも決まらんのに地方分権も道州制も無いわな
橋下をもってしてもダメならもう終わり
何にも決まらない、できない、動かない

15 :名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/10/27(月) 17:48:16.17 ID:UVtDe01g0.net

中央官僚大勝利  マジでコノ国ダメだ
【大阪都構想が議会で否決! ついに橋下市長は市民に署名を呼びかける!! 「住民投票で決めるべきだという直接請求をして欲しい」!!】の続きを読む

このページのトップヘ