橋信局!! ~橋下・維新・第三極まとまれブログ

橋下氏と維新の会を中心に、第三極に属する人 または、属してほしい人の話題をまとめるブログです。

     

自民党


php


改憲を目指す自民党若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」が二十五日に党本部で開いた初会合での報道機関に関する発言の要旨は以下の通り。

百田氏 マスコミの皆さんに言いたい。公正な報道は当たり前だが、日本の国をいかに良くするかという気持ちを持ってほしい。反日とか売国とか、日本を陥れるとしか思えない記事が多い。日本が立派な国になるかということを考えて記事を書いてほしい。

(ここから講演)政治家は国民に対するアピールが下手だ。難しい法解釈は通じない。気持ちにいかに訴えるかが大事だ。集団的自衛権は一般国民には分からない。自国の兵力では立ち向かえないから、集団的自衛権は必要だ。侵略戦争はしないということで改憲すべきだ。攻められた場合は絶対に守るということを書けばいい。

議員A マスコミを懲らしめるには、広告料収入をなくせばいい。われわれ政治家、まして安倍首相は言えないことだ。文化人、あるいは民間の方々がマスコミに広告料を払うなんてとんでもないと経団連に働きかけてほしい。

議員B 広告料収入とテレビの提供スポンサーにならないということがマスコミには一番こたえるだろう。

百田氏 本当に難しい。広告を止めると一般企業も困るところがある。僕は新聞の影響は本当はすごくないと思っている。それよりもテレビ。広告料ではなく、地上波の既得権をなくしてもらいたい。自由競争なしに五十年も六十年も続いている。自由競争にすれば、テレビ局の状況はかなり変わる。ここを総務省にしっかりやってほしい。

議員C 沖縄の特殊なメディア構造をつくってしまったのは、戦後保守の堕落だった。沖縄タイムス、琉球新報の牙城の中で、沖縄世論を正しい方向に持っていくために、どのようなことをするか。左翼勢力に乗っ取られている現状において、何とか知恵をいただきたい。

百田氏 沖縄の二つの新聞はつぶさないといけない。沖縄県人がどう目を覚ますか。あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば、目を覚ますはずだが、どうしようもない。(沖縄の基地負担問題は)根が深い。苦労も理解できる。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015062702000162.html
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435363568/ 【批判浴びた百田尚樹氏の発言全容 「テレビの既得権をなくし、自由競争にすべき」】の続きを読む


okada13959388_21n


維新の党が17日、衆院平和安全法制特別委員会など午前の衆院各委員会の審議を拒否した。厚生労働委員会などの運営を巡り、自民党が民主党寄りの姿勢を示したことに反発したからだ。民主側も“与党気分”の維新に強く反発し、自民側に働きかけた側面がある。同日の騒動は維新、民主両党の溝の深さを浮き彫りにしており、両党の関係修復は困難な状況になっている。

「わが党が国会正常化に協力している中、恩をあだで返すものだ」。維新の馬場伸幸国対委員長は17日の記者会見で、自民党の「維新軽視」を厳しく批判した。

 
維新が問題視したのは、同党が与党に協力して成立が確実になった労働者派遣法改正案の関連法案である「同一労働同一賃金法案」と、「農協法改正案」の扱いだ。

 
同一賃金法案については、自民は当初、維新の要求に応じて派遣法改正案と併せて採決する方針だった。しかし、自民は民主の呼び掛けに応じ、同一賃金法案の採決を先送りする姿勢を見せた。関係者によると、民主側は「同一賃金法案を早期採決するならほかの委員会も止める」と自民側に迫ったという。

自民はまた、維新の修正を取り入れた農協法改正案も民主の求めを受けて法案修正ではなく付帯決議に「格下げ」することを維新に提案した。
結局、17日の自公維国対委員長会談で自民、公明両党が維新の要求をのみ、事態は沈静化した。

ただ、民主側が自民に働きかけた背景には、維新が相次いで与党と連携したことへの強い反発がある。騒動のきっかけとなった同一賃金法案は事前に両党で共同提案し、農協法改正案を巡っては合同勉強会を開いていた。

 
民主の安住淳国対委員長代理は17日、「維新は審議拒否をしない党で、(審議拒否した民主を)けしからんとむちゃくちゃに批判していたのはどうなったのか」と維新を皮肉った。

http://mainichi.jp/shimen/news/20150618ddm005010051000c.html

引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/giin/1434338260/ 【昨日の国会の自民と維新のゴタゴタ、実は民主党が仕組んだものだったことが判明・・・wwwwwww】の続きを読む


松野さんが断言


安倍晋三首相は17日の党首討論で、集団的自衛権行使を認める安全保障関連法案に関し、「憲法の範囲内にあるからこそ提出している」と強調した。民主党の岡田克也代表が「憲法違反だ」と批判したのに反論した。一方、維新の党の松野頼久代表は、安保法案をめぐる与党との修正協議を否定した。

松野氏は、自民党が前向きな修正協議に関し、「応じるつもりは全くない」と明言維新として独自案を提出する考えを示し、「それに賛成するなら通してほしい」と首相に協力を求めた。

参院選挙区の「1票の格差」を是正する選挙制度改革に関し、首相は「来年の参院選に間に合わせるべく、自民党総裁として最大限努力していかなければいけない。党に取りまとめを指示している」と強調。維新など4野党がまとめた、隣接選挙区の合区を含む改革案について「努力に敬意を表したい。傾聴に値すると思っている」と評価した。

http://jp.wsj.com/articles/JJ11455999828695404324818017441520673522606
引用元:http://hayabusa2.2ch.sc/test/read.cgi/livenhk/1434522836/ http://hayabusa2.2ch.sc/test/read.cgi/livenhk/1434512449/ http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/giin/1434338260/

【【安保法制】維新・松野代表が党首討論で明言!! 「与党案の修正協議に応じるつもりは全くありません。維新の独自案に賛成して下さい」!!!!】の続きを読む


plt1506140022-n1


維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)は15日、自身のツイッターに、維新の今後について「民主党とは一線を画すべきだ。自民党と国の在り方について激しく論戦できる政党を目指すべきだ。民主党とは決定的に違う」と書き込み、民主党との連携ではなく独自路線を歩むべきだとの考えを強調した。

橋下氏は民主党について「空理空論の夢物語だけでは行政運営はできない。民主党という政党は日本の国にとって良くない。なぜなら政党の方向性が全く見えない」などと強く批判した。

安全保障関連法案に憲法学者から「違憲」との声が出ていることに関しては、「最後に責任を負うのは内閣であり、最高裁」と指摘。最高裁の砂川事件判決が「自衛は他衛。他衛は自衛。国際情勢の中でどのような防衛レベルを採るかは内閣の政治行為」との見解を示しているとし、「憲法学者の意見よりも最高裁長官の意見の方が重い」と書き込んだ。

さらに、「自民、公明、維新、民主でそれぞれ憲法9条について改正案を作るべきだ。国会議員やメディアが騒いでいるだけでは国の方向は決まらない。国民投票で決めるべきだ」と提案。14日に安倍晋三首相と会談したことについては言及していない。

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20150615-00000034-jij-pol
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434337149/ http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/giin/1433971660/

31 :名無しさん@1周年:2015/06/15(月) 12:05:09.36 ID:enQHxNku0.net

正論

880 :
無党派さん:2015/06/15(月) 07:47:56.22 ID:D8TwOJyF.net[13/23]

見に行ったら橋下の怒涛のツイートw


「最高裁の憲法判断の仕組みを変えて、最高裁を真の憲法の番人とすべき」ー橋下氏、安倍首相との会談後の深夜に10の主張
【「民主党という政党は日本の国にとって良くない」「維新は民主とは一線を画すべき」 安倍首相との会談後、橋下市長が怒涛のツイート】の続きを読む


橋下さんと安倍さん

※画像は以前のものです

安倍晋三首相と維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)が14日、東京都内で会談する。橋下氏は「大阪都構想」(廃案)に事実上のエールを送ってきた首相に、5月の住民投票の報告などを行うと見られる。維新内では労働者派遣法改正案の国会対応を巡り、橋下氏に近い大阪選出議員とそれ以外の議員で「親政権」か「野党路線」かの対立構図が表面化。会談内容によっては、こうした状況に影響を与える可能性もある。

会談には菅義偉官房長官と松井一郎顧問(大阪府知事)も同席する予定だ。

都構想をめぐっては、自民党大阪府連が反対姿勢を明確にするなか、首相は1月のテレビ番組で「都構想について言えば、意義はある」と言及。菅氏もエールを送る発言を続けた。一方で、橋下氏は首相の悲願である憲法改正に「協力も何も、できることがあれば何でもする」と語るなど、親密な関係を維持してきた。

http://www.asahi.com/articles/ASH6F7VQKH6FPTIL00R.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1434240795/ 【自民の安倍・菅氏らが、大阪の橋下・松井氏らと都内で会談へ 憲法改正・安保法制について協力要請か】の続きを読む

このページのトップヘ