橋信局!! ~橋下・維新・第三極まとまれブログ

橋下氏と維新の会を中心に、第三極に属する人 または、属してほしい人の話題をまとめるブログです。

     

解散総選挙

090807funada[1]

自民党の船田元・憲法改正推進本部長は19日、集団的自衛権の行使容認に
ついて「憲法改正によって民意を問う手続きを今回はとらない。代替策として
衆院解散総選挙で民意を問うのも一つの手段だ。
せめてそれぐらいの覚悟をして議論すべきだ」と記者団に語った。

ただ、船田氏は「本来ならば憲法改正でやるべきだが、時間がかかる。
憲法改正の責任者の立場としてじくじたるものがあるが、現実の政治として
憲法解釈の変更で認めざるを得ない」とも語った。
http://www.asahi.com/articles/ASG5M5G7VG5MUTFK00L.html
  http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1400505702/
  6 :名無しさん@13周年@\(^o^)/:2014/05/19(月) 22:23:47.04 ID:m7jnPKOE0.net

川柳かよ

10 :名無しさん@13周年@\(^o^)/:2014/05/19(月) 22:25:10.89 ID:DoB7+WPy0.net

このタイミングで解散なんてアホか?
【「解散で 民意問うのも 一手段」 自民・船田元氏】の続きを読む

20121118071724[1]

集団的自衛権強行

集団的自衛権の行使に「賛成」が増えないことに、安倍周辺はショックを受けて
いるという。そこで、安倍周辺が練っているのが“早期解散”だという。
政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。

「安倍首相の支持率は、この先、下落していく可能性が高い。
これから年末にかけて難問が山積しているからです。
まず景気です。消費税率アップ前の駆け込み需要があった1~3月をピークに、
景気は急降下する恐れがある。 しかも、6月に発表する成長戦略は
“残業代ゼロ法案”など、庶民イジメの政策になりそう。
政権批判が強まるでしょう。

11月以降は福島県知事選、沖縄県知事選と、安倍政権にとって苦戦必至の
選挙戦が控えている。 “原発”と“米軍基地”が争点になる選挙で敗北したら
求心力は一気に弱まってしまう。それだけに、 支持率の高いうちに解散に
打って出て、難問を打開してしまえ、という声が安倍周辺にあるのは確かです。

支持率が低迷したら解散も打てない。野党が弱体化しているうちに解散すれば、圧勝できるという計算もあるでしょう。 総選挙で勝利してしまえば、集団的自衛権の行使も国民の支持を得たということになります
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/150270
  http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1400371127/
  36 :名無しさん@13周年@\(^o^)/:2014/05/18(日) 09:09:09.53 ID:35d+89tp0.net

公明が離反して選挙したら自民過半数取れるかも微妙になるのにな


58 :名無しさん@13周年@\(^o^)/:2014/05/18(日) 09:16:58.14 ID:KnyGvtk10.net

公明「じゃあ連立解消ですね」
ネトサポ「ぐぬぬ」
【集団的自衛権を争点に、”解散総選挙” 案が急浮上!!】の続きを読む

このページのトップヘ